水没しても諦めないで!修理に出す前の初期対応について

iPhoneと水没について

iPhoneを水没させてしまう…そんなことは絶対に避けたいところですが、どんなに気を付けていてもやってしまう時はあるものです。そんな時のために、iPhoneを水没させてしまった際の対処方法について覚えておきましょう。最近では防水対策されたiPhoneも続々と出てきていますが、残念ながら完璧ではありません。状況により内部まで浸水して破損してしまうことは十分考えられますので、過信は禁物です。防水対策にもそれぞれレベルがあり、生活防水(シャワーがかかる程度までOK)から完全な水没までOKなものと様々です。正確には水の温度や深さも関わってくるため、防水をうたっているからと言ってどんな状況でも大丈夫とは言えないのが実情です。

iPhoneを水没させてしまった際の対処方法

さて実際にiPhoneを水没させてしまった場合ですが、電源が点いている状態で水没させてしまった際に、引き揚げても電源が点いたままであれば大抵の場合は問題ありません。念のため水気をよく拭き取った上で数日の間様子を見て、問題なければそのまま使用しましょう。問題は、点いていたはずの電源が切れてしまっていたり、明らかに動作がおかしい場合です。この場合、仮に電源が消えてしまっていたら確実に内部まで水気が浸入していますので、電源は点けずに水気をよく拭き取り、密閉された袋に乾燥材とともに入れて数日間なにもせずしっかり乾燥させてください。数日後、袋から取り出し電源を点けて動作に問題がなければ復旧成功です。仮に電源が点かなかったり、動作がおかしいような場合は残念ながら復旧失敗です。自己復旧は断念し、専門の修理業者に依頼するのが無難でしょう。

iphone5sの修理は、その品質の高さが高評価を集めています。どんな不具合や故障でも直してくれます。

© Copyright iPhone Yourself. All Rights Reserved.