iPhoneを守れ!海や山のアウトドアに防水加工のススメ

海や山でも便利に使えるiPhone

電車内で音楽を聴いたり、動画を見たり、あるいはSNSにアクセスしたりと、通勤通学時にiPhoneを活用している人は多いでしょう。しかし、iPhoneを通勤通学限定で使うのはもったいないです。海や山などに遊びに行く際にも非常に役立ちます。たとえば、山に行く場合は天候が急変したり、そのせいで山から下りられなくなって遭難してしまうというリスクがあります。そういうとき、iPhoneがあればネットに接続して雨雲の状況を見たり、あるいはGPS機能を使って、現在地を調べるといったことが可能です。
また、海に行った場合もやはり怖いのは天候の急変で、特に海岸のような平たい場所で雷が発生すると危険なので、天気をチェックすることですぐに海の家に避難するといったことが可能になります。

落としたときの水没リスクを減らそう

ただ、問題は海や山にiPhoneを持っていくと、落としたときに濡れてしまうリスクがあるということです。iPhoneのような精密機械は水に弱く、基盤に入り込んでしまうと使えなくなってしまう可能性が高いです。したがって、海や山に行く場合は、事前に防水加工を行っておいた方がいいでしょう。簡易的な防水処置であれば、密封できるビニールに入れたり、あるいはiPhone専用の防水ケースに入れるという方法がありますが、万全を期したいのであれば、業者に持ち込んで防水加工をしてもらうといいです。
業者が行う防水加工は、基本的に基盤を特殊な素材でコーティングして、水と基盤が直接接触しないようにするというもので、防水ケースと組み合わせればかなり安全度が高まります。

iphone6sの修理は、スマホ修理業者に持って行けばすぐに直してもらえる事が可能であり、依頼当日に直せる事が多いので、使えない期間はほとんどないと言えます。

© Copyright iPhone Yourself. All Rights Reserved.